初心者

タイ仮想通貨事情 (まとめ)

タイは2018年5月より仮想通貨(暗号通貨・暗号資産)に関して早急に対応策を決め法律をいち早く施行した国です。特に仮想通貨で会社資金を募るInitial Coin Offering (ICO) やSecurity Token Offering (STO)に関しては他国にないタイ独自の法律を制定しました。今回はタイの法律に詳しい専門家の方よりお聞きした内容とタイ証券取引委員会(以下、SEC)の情報を元にタイ仮想通貨界の近況を紹介します。

BX.in.th Bitcoin Exchange Thailand

タイ国内の取引所を比較

暗号通貨の事を知ってすぐに登録開始へと向かいたいと思いますが、まず大事な事は暗号通貨のタイ取引口座を無闇にどんどん開設しても無駄に個人情報の流出と労力が失われるだけで意味がないことです。特にタイ移住者はもちろん周知の上だと思いますがパスポートなどのIDだけで簡単にニセ銀行口座が開設できてしまう国だということです。タイで暗号通貨取引所を選ぶ時、主に3点に注視してみましょう!

-BXの登録の仕方-

タイ最大手の取引所であるBXをお薦めしています。取引所によってメリットとデメリットがありますが、基本は取り扱い通貨の豊富さと24時間の取引量が多い方がより安心して取引できると思てください。それにより、突然わけもわからずサイト閉鎖だったり資金を出金できない確立がグッと下がります。ユーザー数が多いほど信用できるサイトであると言っても過言ではありません。