-BXの登録の仕方-

-BXの登録の仕方-

タイ仮想通貨取引所の口座開設 -BX-

当サイトではタイ最大手の取引所であるBXをお薦めしています。取引所によってメリットとデメリットがありますが、基本は取り扱い通貨の豊富さと24時間の取引量が多い方がより安心して取引できると思てください。それにより、突然わけもわからずサイト閉鎖だったり資金を出金できない確立がグッと下がります。ユーザー数が多いほど信用できるサイトであると言っても過言ではありません。尚、タイ取引所の口座開設に行く前に、先に「タイ国内の取引所を比較」をご覧ください。

用意するもの:

1 ボールペン

2 ノートパソコン

3 自撮り用にスマホ

4 パスポート

5 取引口座と紐付け用のタイ国内銀行の預金通帳

其の一 「メールアドレス登録」

①パスポートと同じ表記のローマ字で名前を記入

②パスポートと同じ表記のローマ字で苗字を記入

③E-Mailアドレスを記入

④好きなユーザー名を記入

⑤「I’m not a robot (わたしはロボットではありません)」の四角枠をチェック

       *場合によってはいくつかパネルが現れますが、指示通りのパネルをクリックしていきましょう(例:車、橋、交通標記など)

⑥最後に「I Agree to the terms of service」をチェック

⑦Registerを押して完了。

解説:

③で登録したメールアドレスにパスワードが5分以内に届きます。そのパスワードをコピーしてログインしてください。

其のニ 「パワーアニマル選択」

ログインすると以下の画面が現れます。特に気にせず適当なのを選びパソコン上にセーブか印刷しておきましょう。
出金時に本人確認の一つとして使用します。本人確認と称して取引所のスタッフを名乗る者や第三者から選んだイラストと名前を聞かれることはありません。

①好きな動物のイラストをクリック

②I understand I will never type in my animal’s name をチェック

③Save Power Animal をクリック

④Print Page でページを印刷(推奨)

⑤Confirm Power Animal をクリックして次へ

解説:

パワーアニマルはイラストがアレなのでふざけているようで実は大切な作業です。出金時に必要になります。同じゾウのイラストでも名前が違って2枚登場っていうパターンもありますのでかならず印刷しておいてください。

其の三 「本人確認」

ここまでくればいよいよ本人確認作業に入ります。白紙とペン、自撮り用にスマホ、パスポート、タイの銀行通帳を用意しましょう。

①はじめに「My Account」へ行き、赤矢印の部分の「Verify Account」を押してください。

②次に赤枠内に必要事項を記入しましょう。

解説:

住所は現タイ住所、タイ国内の携帯電話番号、生年月日は必ずパスポートと同じものを明記する。

③ ID Scan、自撮り写真をアップロードしましょう。

解説:

①パスポートのスキャンは「図1」のようにメインページをスマホで撮ったものでOK。写真の鮮明さだけに注意してください。

②自撮り写真は右の「図2」を参考にして自分で撮るか誰かに手伝ってもらいましょう。

③用意した白紙にペンで「BX.in.thと記入」し「パスポートと同じ署名」をして「図2」のように片手に持って自撮り、そしてアップロード。

其の四 「銀行口座の紐付け」

銀行口座の紐付けに行く前に、取引所から本人確認の可否が登録したメール、もしくは右上にあるベルのマークより通知が来てるかどうか確認しましょう。

承認が下りてないと銀行口座の紐付け作業へ進めません。

①承認が下りたら次はBank Accountsをクリックします。

②口座番号、氏名が載っているページをスマホで撮り、アップロードしてください。

解説:

銀行口座を開設した所の郵便番号(Postcode)と支店所在地(Branch Location)がわからなければGoogleで検索してください。

本サイトではBXの入金用口座と同じKashikorn Bankを用意しましたがタイの銀行口座であればどこの銀行口座でも紐付け可能です。

(2018年現在、他銀行送金時にかかる手数料がゼロになりました)

最後に

写真の鮮明さと個人情報入力の欄で特に問題がなければはじかれる事はありません。特に銀行口座を紐付ける際は写真の鮮明さに気をつけましょう。

せっかく高揚とした気持ちで取引所口座開設しても内容不鮮明により最大48時間ほど待たされる事もあります。

機会損失ややる気を損なわないためにも慎重に進めてください。

以上、これで取引所口座開設が終了です。お疲れ様でしたー。

初心者カテゴリの最新記事